KATA講座を受講いただく
あなたにこそ
一緒に学んでほしい電子書籍

私、歌島が絶対的に自信を持っているKATA講座ですが、やはり他に類のない講座でもあるので慎重になる人がおられるのも事実です。そういう方々から「自分は腱板断裂だから、それだけに特化した講座だったら受講した」とか、「自分は五十肩だから、他の病気は興味ない」というようなご意見をいただきました。

この電子書籍はそういった「病名特化型の講座」をご要望の肩向けに、実際にnoteというプラットフォームで9800円で販売している講座を電子書籍(PDFファイル)に変換したものになります。

しかし、このnote講座を完成させて、改めて読んでみると、あることに気付きました。

それは、KATA講座で解説した「肩の本質」だったり、リアルタイムフローチャートでの腱板断裂や五十肩の治療方針の立て方を学んだ受講生の方が、note講座を深く理解して、治療に有効活用していただけるのではないかと考えるようになりました。

つまり、KATA講座受講生にこそ、このnote講座は届けるべきではないかと考えるに至ったわけです。しかし、すでにKATA講座の受講料をお支払いいただき受講を決めたあなたに、KATA講座を見送った人と同じ料金でご提供するのは違うだろうと考え、今回の特別なオファーを決めました。

※ちなみに何らかの別経路で、先にnote講座を受講いただいている方はその費用を返金するなどの仕組みはシステム上難しいのでご了承ください。申し訳ありません。

「いや…五十肩だけでいい…」
「私は腱板断裂だけ気になる…」
というあなたへ

このKATA講座を受講いただいた、あなたにはお伝えしますが、正直、完全に的外れなんです。こと、肩においては特にです。

それはKATA講座をこれから学んでいただければ「あ、このことを言っていたのか」と腑に落ちていただけると思います。それは五十肩でも腱板断裂でも「肩の本質」を捉えることの重要性は変わらないってことなんです。そのためにKATA講座以上のものは僕が知る限り皆無です。

そして、何より、腱板断裂はあるんだけど、実は同時に五十肩にもなっていて、実はそっちが症状の中心だったり、五十肩の手術で関節鏡で中を確認すると小さな腱板断裂が見つかることがあったりと、実はこの両者はかなり同時に起こっていることや、時間をずらして、起こることがあります。

ですから、実は腱板断裂に特化した講座と五十肩に特化した講座、この両者を持って、必要に応じて参照できる状態になることは今後の人生においてもかなり有益です。もちろん、現時点で五十肩、もしくは腱板断裂に悩んでいる人からすると、この両面を学ぶことで治療が加速し、治療迷子になりにくくなる可能性が圧倒的に高まります。

お得すぎるセット価格

今回、なんと9800円のnote講座の電子書籍版を2本セットで9800円という実質半額のお得すぎるご提案です。

さらにnote講座の場合は、noteにアクセスしたり、アプリをダウンロードする必要がありますが、今回はPDFファイルとしてダウンロードしていただけます。それを印刷して紙で読むこともできますし、スマホでもタブレットでもパソコンでも読むことができます。

ぜひこの機会にお読みいただければ幸いです。

ちなみにそれぞれのnote講座の無料部分は↓からお読みいただけます。(このページは1度閉じるとご覧いただけなくなりますので、別タブで開くようにしております。ご注意ください。)

それぞれ目次をお示ししておきます。

五十肩を最短で解消するための入門講座【専門医解説】

目次

  • 【1】五十肩を放置したらどうなるのか?
    • 1-1)五十肩は炎症期・拘縮期・回復期と決まり切った経過を辿るわけではない
    • 1-2)五十肩を放っておけば自然と完治するという説は統計的に証明できない
    • 1-3)五十肩が自然に完治する人は運が良かった…と考えるべき
  • 【2】五十肩で悩む人のほとんどが「迷子」になっている
    • 2-1)自分の現在地を知ることが何よりも大切
    • 2-2)そもそも「五十肩」じゃないっていう可能性も
    • 2-2A)腱板断裂
  • 【3】現在地を知るための新しい考え方「5STAGE MAP」
    •  3-1)五十肩Stage1
    •  3-2)五十肩Stage2
    • 3-2A)腱板炎
    • 3-2B)上腕二頭筋長頭腱炎
    • 3-2C)肩峰下滑液包炎
    •  3-3)五十肩Stage3
    •  3-4)五十肩Stage4
    •  3-5)五十肩Stage5
  • 【4】最短で五十肩を解消するための治療法
    •   4-1)五十肩Stage1で治す
    •   4-2)五十肩Stage2で治す
    •   4-3)五十肩Stage3で治す
    •   4-4)五十肩Stage4で治す
    •   4-5)五十肩Stage5で治す
  • 【5】結局、五十肩を最短距離で解消するために一番大切なことは?

腱板断裂(損傷)で手術をする?しない?専門医による限界解説!

目次

  • 【1】我々医師が学ぶ「教科書」8冊にはなんて書いてある?
    • 1-1)教科書 vs 最新論文
    • 1-2)腱板断裂に関する教科書の記述は・・・
    • 1-3)教科書の決定的な矛盾
  • 【2】腱板断裂は手術をしなかったらどうなるのか?
    • 2-1)腱板断裂の「穴」が塞がることはあるのか?
    • 2-2)腱板断裂の「穴」が拡大する速度は?
    • 2-3)腱板断裂の「穴」が拡大しやすい人の5つの特徴
    • 2-4)「無症候生腱板断裂」腱板断裂があっても肩が痛くない人は少なくない
    • 2-4)腱板断裂の「穴」の大きさと「症状」の大きさの関係
    • 2-5)そもそも腱板断裂はなぜ痛いのか?
    • 2-6)腱板断裂 2つの「成れの果て」
    • 2-7)腱板断裂の「穴」の拡大を食い止めることはできるのか?
    • 2-8)腱板断裂の手術を否定する医師がよく言う説明を解説
    • 2-8a)「あなたの年齢だと縫ってもまた切れる」
    • 2-8b)「まだ断裂が小さいから縫う必要はない」
    • 2-8c)「縫ったら断裂が怖くてスポーツはできないよ」
  • 【3】腱板断裂の手術をしたらどうなるのか?
    • 3-1)手術でどこまで「治る」のか?
    • 3-1a)修復した腱板は完全に元通りなのか?
    • 3-1b)痛みは完全にゼロになるのか?
    • 3-1c)可動域(肩を動かせる幅・広さ)は完全に元に戻るのか?
    • 3-1d)筋力は完全に戻るのか?
    • 3-1e)日常生活には全く不便がなくなるか?いつ頃から?
    • 3-1f)仕事の復帰は100%か?いつ頃復帰?
    • 3-1g)どんなスポーツでも復帰できるのか?
    • 3-1h)手術の効果を決める三大要素とは?
    • 3-2)手術のリスク・苦労・大変さは?
    • 3-2a)手術前の検査や準備の大変さ
    • 3-2b)手術そのもののリスク
    • 3-2c)手術後の痛みやツラさ
    • 3-2d)手術後の安静とリハビリの大変さ
    • 3-2e)手術後にまた断裂(再断裂)してしまう可能性は?
    • 3-3)腱板断裂の手術を勧める医師がよく言う説明を解説
    • 3-3a)「放置すると腱板断裂は穴が広がるから早くやりましょう」
    • 3-3b)「リハビリしても注射しても腱板断裂の穴は塞がらない」「切れてるんだから縫わないとね」
  • 【4】腱板断裂の手術をしない方がいい人の10個の特徴
  • 【5】腱板断裂の手術をした方がいい人の10個の特徴
  • 【6】一番大事なこと:「後悔しないために」押さえたい2つのポイント
お得なセット価格で購入する
五十肩を最短で解消するための入門講座【専門医解説】
腱板断裂(損傷)で手術をする?しない?専門医による限界解説!

2本セットで¥9800
※スマホ,PC,タブレットのいずれでもご覧いただけます。
クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済よりお選びいただけます。
本教材は、ダウンロード商品のため、返品はお受けできません。
ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページより案内PDFをダウンロードしてください。