限定価格期間の終了まで

運動器(骨・筋肉・関節・神経)

の治療で悩む、すべて人

 

そして、

 

変わりたいのに変われないと悩む、

すべての人へ

こんにちは、歌島です。

このオンライン講座は整形外科専門医であり、かつ、マインド(脳と心)のコーチである私でないと到底お伝えできない、とてつもない講座だと自負していますが、

同時に、この講座で学んでいただければ、「すべてが治る!」なんていう魔法をお届けするつもりもありません。当然、そんな魔法は存在しません。

もちろん、整形外科医としてすべての痛みやケガを治したいですし、マインドのコーチとしてすべての人のゴール達成率100%にしたいと思っていますが、悔しいことに、その領域は未だ見えてきません。

でも、それでもなお、

「時間をかけて、命を削って伝えたいことがある」

それがこのthe Homeostasisです。

 

その名の通り、「ホメオスタシス」というものをテーマにした講座です。

身体を繋ぎ、
心身をまとめて治療
まとめて進化させる大親分…それがホメオスタシスです。

このホメオスタシスを味方につけ、操る方法を知りたくありませんか?

 

机に座って何時間も勉強・・・なんてしなくていい。

寝っ転がりながらスマホで動画を見るだけでいい。

治療に悩んでいる人も、神の手を持つ名医を日本中探し回る必要もありません。

 

ホメオスタシスの操り方を知れば、

先が見えない治療の先が見え、

治療からの卒業に一直線に向かえます。

どんなに頑張っても「変われなかった」のに、

努力しないで

「歯を磨くレベルで変わりたいを実現」できるようになります。

 

このページは読むだけで、そんな変革の第一歩を踏み出せるようなヒントを散りばめました。

 

できることならメモを取りながら

読んでみてください。

 

あなたは
「変われない」「治らない」原因を
勘違いしているかもしれません

あなたが「変わりたいのに変われない」、「治療に通ってる(た)のに治らない」という悩みをお持ちであれば、その原因について漠然とでも考えたことがあるはずです。

そして、その原因をほとんどの人が勘違いしてしまっているのが現状です。

 

その勘違いの代表を2つご紹介します。チェックしてみてください。

 

勘違いその1:ツラい努力をしないと変われない

 

ほとんどの人がこの勘違いをしています。

 

「変わりたいなら頑張れ!」

「No pain, No gain!」

「死にものぐるいの努力もせずに夢を語るな!」

 

なんかどこかで聞いたことがあるセリフです。

 

ここまで熱く説教を食らったことはなくても、

 

それが事実なんだろうなぁ。

頑張れてないから、努力が足りないから変われないんだろうなぁ・・・

 

と思っているとしたら、大いなる勘違いです。

むしろ、努力は絶対にしてはいけないのです!

 

想像してみてください。

 

あなたの目の前には車があります。

そして、これから東京から横浜に行く用事があります。

 

ホメオスタシスを体温調節に働いている

身体の機能の一部という認識くらいしかない人は、
車を荷物を収納できるただの箱と認識しているようなものです。

 

その認識で東京から横浜まで移動しようとすると・・・
おそらくたどり着けないでしょう。↓こういう状態ですね。

これを「努力」と言っています。

それに対して、当然ですが、車ってエンジンがありますよね。

ちゃんと車をそういう認識で捉えていれば、

あなたの疲労は最小限で軽々1時間かからずに横浜までたどり着きます。

これって、「努力」じゃないですよね。

目的地があって、移動手段があれば、「努力」なんて必要なく、たどり着く。


同様に

ゴール(目標)=変わりたい自分があって、

移動手段=ホメオスタシスの操り方を知っていれば、

 

車に乗って軽々と目的地に到達するように、

あなたの変わりたいにも到達する。

 

そういう意味で「努力禁止!」なんです。
車を後から押したんじゃ、たどり着けないですよね。

 

脳の働き、ホメオスタシスのメカニズムを知ると、

ツラい努力や頑張りは「変われない」あなたを強化しかねないリスクが大きいのです。

 

逆にホメオスタシスを味方につけて、

大きく変革する人は努力感なく変わっていきます。

 

勘違いその2:名医に巡り会わないと治せない

 

治療している箇所や治療していた箇所の痛みや障害が改善しない

という悩みをお持ちの方は、

最終的には結局、「良い医者にかかれなかった」

ということにその原因の多くを感じてしまいます。

 

そういう想いで僕の肩関節外来に
いらっしゃる患者さんはとても多いです。

 

ある50歳代の男性は、
改善しない肩の痛みに対して、

もう年齢的に諦めないといけないんじゃないか?

自分の努力が勉強が足りないんじゃないか?

と自らを責めつつ、

 

専門知識があるにも関わらず
頼りにならない前の医師にも憤り
を感じていたそうです。

 

本当はしっかり後遺症なく治したあとに、
思いっきりゴルフを楽しみたい。

できることなら、ゴルフをもっと上手くなって、
日本中のゴルフコースを回りたい!

 

・・・なんてことを想像できないくらい肩が痛いし、
治療に先が見えない。

 

周りの同僚や家族も
「もう諦めたら?そんなに変われないって人は・・・」
というようなメッセージをことあるごとに送ってくる。

「ふざけんな!俺の人生はこんなもんじゃない!」
と叫びたいが、そんなことを言える結果も出せず、

ただただ不機嫌に八つ当たりをするばかり。

 

このままだと、人間的にも本当に嫌なヤツになってしまう。

大切な人を失ってしまうんじゃないか

という恐怖すら襲ってきたと言います。

 

ふと振り返れば、どんな目標を立てても、

何かしら邪魔が入って状況が許さず、

自分が立てた目標を達成できたことって思い当たらない。

そんな自分が情けなくなってきた・・・。

 

 

こんな想いを僕にはき出してくれました。

その患者さんはその後、腱板断裂の診断で手術をし、
しっかりとリハビリをして、ゴルフに復帰されました。

 

ただ、それは僕が名医だったわけではありません。

ごくごく一般的な

肩関節鏡手術とリハビリテーションを
受けていただいた。

 

ただそれだけなんです。

 

大事なのは、あなたを含めすべての人は、

自らの中にHomeostasisという名医を持っている

ということなのです。

 

そのHomeostasisの操り方を

この講座で学んだ人にとっては

主治医が「良い」か「普通」か・・・くらいの違いはどうってことありません。

 

 

こういった勘違いを乗り越えて、

あなたが「変わりたい」を実現する

あなたが「治療からの卒業」を実現するために必要なことを

これからお伝えしていきます。

あなたの「変わりたい」を実現する
3ステップ

肩関節鏡手術のエキスパートが見た現実

肩の関節鏡手術というのは
整形外科の手術の中でも特殊です。

ほとんどが骨以外(腱や靭帯)を
修復する手術であり、
それゆえ手術後に治るまでに時間がかかったり、
リハビリが大切だったり、
痛みが長く続いたり、
様々な経過、悩みを抱える患者さんと向き合い、
アドバイスする必要があります。

 

年間200件以上(横浜市で肩関節鏡手術件数が最多レベル)の手術をしているため、
累計で何千人という患者さんと向き合ってきました。

彼らは自分の身体の一部である肩の様々な変化に悩み、苦しみ、精神的にも不安定になってしまう人もいます。

 

厚生労働省の全国調査によると
病院を受診して満足している人は50%くらいしかいません。

そして、診療時間や待ち時間については20−40%とさらに減ります。

 

・・・「まぁ、そうだろうなぁ。。。」
と思ってしまうところです。

 

僕自身が実感しているところですが、
医師が10年以上、そればっかり学び、実践している医学的知識や治療内容を
5分の診療でわかりやすく、納得いくまで説明することなんて不可能なんですよね。

 

しかし、

患者さんにすべての医学的知識を伝えられなくても、

患者さんには自らの身体を治していく

根源的なチカラがあります。

 

そう、

 

ホメオスタシスですね。

 

そこで僕はホメオスタシスという視点を持って、
患者さんに多くのアドバイスをしてきました。

その結果、おそらく多くの整形外科医よりも

短い診察時間(ありがたいことに外来が混雑しているため)の中で、
安心感や安定感を提供できているのではないかと思います。

 

実際、患者さんからはよく
「先生に会うと安心する」と言っていただきます。

しかし、ホメオスタシスの視点でアドバイスをしていると言っても、
ホメオスタシスという言葉は使いません。

なぜなら、ホメオスタシスという言葉を使ってアドバイスするには
ホメオスタシス自体、奥が深すぎて、
診療時間内にはまったく説明できないからです。

 

だからこそ…

集中的に動画で僕が語りかけるように

スライドも使いながら徹底的に解説したい!

 

それがこのthe Homeostasisを開設したきっかけです。

「また、デブったね・・・」

「あれ?また、身体大きくなりました!?」

アスリートでもない僕に

最大限の配慮で声をかけてくれるのは
月に1回しか会わない非常勤勤務先の

病院のスタッフです。

「また、デブったね・・・」

それが、関係性が近くなると、

こんな表現になってきたりします。

まぁ・・・

どっちでもいいんです。

どちらの表現をしてくれても、その表情は
おちょくるような笑みか、苦笑いで、
尊敬とは遠い表情をしています。

ウエイトコントロールごとき、

余裕でできる自分に変わりたいのに
いつまで経っても変われない。

それがちょっと前までの僕でした。

そんな他の人にとっては
おちょくる程度のものでも、

当人にとっては悔しいし、痛いし、
自分に対してかなり憤りを感じます。

それが自己評価を下げてしまうのも大きな問題です。

一方で、他人から見ても「これは切実だな!」
と思うことだって、

なかなか「変われない」ってことがありますよね。

僕自身、スポーツドクターでもあり、
マインドコーチとしてアスリートのコーチングを

することが多いので、
スポーツ界へのアンテナは常に

立てているわけですが、

どの競技においても問題になるのは「ケガ」です。

この「ケガ」がやっかいなのは、
1回ケガをしてしまうと、
「ケガしやすい身体」になってしまうことがある

ということなんですね。

この「ケガしやすい身体」から脱却できずに、
自分を変えることができずに、

自分の本来持つ力が発揮できず、
本来達成できたであろう成長が果たせずに、

選手生命を終えてしまう選手が多い。

これはスポーツに深く関わる僕としても、
痛恨の極みなわけです。

治る人と治らない人の差

整形外科医として治療をしていると、

まったく同じ治療をしているのに、
驚くほど簡単に治ってしまう人と、
医学的には理解不能なレベルで治療が進まない、
うまくいかない人がいます。

人の身体は個人差のかたまりです。

同じ人間でも、
まったく同じケガ、まったく同じ病状の人は

1人もいない
というのはよく言われることです。

それはわかっていても、
身体の個人差だけでは説明つかないくらいに

治る人と治らない人の差は大きく、
そして、治らない人は当然ツラいわけです。

治らない人の特徴が経験的に見えてきているので、
ここでシェアさせてもらうと、

多くの人は最初から「不安が強い」

という傾向があります。
ケガや痛みがあれば、不安があるのは当たり前です。

しかし、治らない人は

「不安が行き過ぎている」んです。

最初の診察の時点で、
いろいろな悪い想像をして、

悪い情報ばかりピックアップして、
その結果、暗くて、こわばった表情で

診察を受けられます。

そして、

「自分は治らないんじゃないか?」

「この先生はまともなんだろうか?」

と自分に対しても、他人に対しても
ネガティブな疑念を募らせていきます。

最終的には、

「この先生がダメだったから治らない」
「そもそも、あの事故さえなければ」
「仕事を休ませてくれない上司のせいだ」
「監督に評価されるために無理しないといけない」

などなど、何かしら他者の責任を膨らませていって、
自らの治療の舵取りを放棄しちゃうんですね。

ちょっと極端に悪い部分ばかり描写しましたが、
こんな感じの人が

治らずに苦しまれることが多いです。

誰もがハマりうる「2つの落とし穴」

かくいう僕自身、
学生時代は肩と肘の治療に苦労した経験があります。

野球部に所属し、
誰よりも自分のパフォーマンスに真剣に向き合い、

 

「野球が上手くなりたい」
という一心でトレーニングを続けていた僕は、
その方法論に間違いもあり肘を傷めてしまいます。

 

「もっと投げ込んで、いいボールが投げられるようになりたいのに!!」

 

と日々、悔しいやり切れない気持ちを抱えながら、
治療をしていました。

近くの整形外科に行ってはみたものの、お決まりの
「レントゲンは異常ないね。リハビリに通ってください。」
のひとことで電気を当てられる日々。

 

電気を当てても、何ら変化を感じない・・・
僕はクリニックに見切りをつけ、
すぐに民間療法に頼りました。

民間療法はビジネスとしてよく本を出します。
「奇跡の○○療法!」みたいなやつですね。
それに僕もハマって、当時山形大学に在学中に
隣の県の新潟にある治療院まで
足繁く通う日々が始まります。

 

隣の県と言っても片道3時間以上車で運転し、
治療は30分。

今思えばよく行ったなと思いますが、
通っていた理由は一時的にでも
肘の痛みが軽くなったからなんですね。

 

その治療院では肘の痛みの原因については
これといったことは言ってくれなかったんですが、
「これなら良くなるんじゃないか!?」と思わせる、
治療直後の実感がありました。

 

でも、その実感も
回を重ねる毎に少なくなっていって、

最終的には治療直後も痛い・・・
という状態になってしまい、

諦めることになります。

これが僕がハマった、そして、多くの人がハマりがちな
落とし穴の1つ目です。

それは「魔法」を求めてしまう。
という落とし穴です。

診断はとりあえずつかなくても、
もしくは、医師に「そう簡単には治らないよ」
と言われるような診断でも、

 

「魔法」のようにとりあえず治しちゃうような治療
をしてくれる人がどこかにいるんじゃないか?
という願望。

 

この願望は誰もが持つと思いますが、
実際にその「魔法」をちらつかされて、
その「魔法」にハマってしまう。

 

これが落とし穴です。

シンプルな結論ですが、「魔法」なんてないんですね。

僕がハマった「魔法」らしきものだって、
本来は肘の痛みの原因を突き止めて、
時間をかけてじっくり原因を
改善していくべきものを、
そういうことをせずに30分の施術だけで
「魔法」にかかった気でいたのが当時の僕です。

そして、最後にもう一つの落とし穴に
かかりそうになっていました。

それは「占い」です。

は!?「占い!?」

と思われたと思いますが、「魔法」と一緒で
あくまで比喩、例えです。

民間療法でも治せず、激痛に耐えながらも
外野手として野球を続けていた僕は

最後にある大きな病院の
著名な先生の診察を受けます。

 

そして、その先生の診断は「尺骨神経障害」でした。
最初の整形外科で「野球肘」としか言われず、
具体的にどこの何が悪いのか?
を診断されずにもやもやしていた僕にとっては、
最後の希望の光に思えました。

 

それほど、治療で悩んでいる人にとって、
「診断が特定される」ということは
大きな希望になるんですよね。

 

原因がわかれば治療もピンポイントに
効果的なモノができるというのは事実ですから。

 

そこで提案していただいた治療は「手術」でした。

尺骨神経が障害されているなら、
投げるときに障害を受けないように
尺骨神経の走行を変える手術が
選択肢に入るということを説明受けました。

 

当時大学6年で、もう野球も引退間近だったので
手術はしませんでしたが、
もし大学3年とか4年くらいだったら
手術を受けたでしょう。

今、考えれば、

もし手術を受けていれば・・・

肘の痛みは良くなっていなかったと思います。
後悔していたかもしれないくらいに。

これは当時の診断してくれた先生には
何の問題もありません。
問題があったのは落とし穴にハマりかけた僕です。

 

どういうことかと言うと・・・

 

「尺骨神経障害」というものが野球肘の原因として
当時、注目されているということを聞いて、
その診療を専門的にやっているという先生を
受診した僕は、
自分の症状を「尺骨神経障害」に典型的なものに
寄せていったんですね。

「投げたあと、手先がしびれますか?」
→ 「はい!(時々だけど・・・)

「投げる瞬間に指先まで電気が走りますか?」
→ 「はい!(実は痛すぎてよくわからないけど)

みたいな感じですね。

こんな状態で正しい診断など無理に決まっていますし、
当時の先生にも申し訳ないと思います。

それほどまでに「確定した診断」
求めていたということでもあります。

これは「占い」で自分の現状を言い当ててもらい、
さらに未来を予測してもらうことの
安心感に近いのではないかと思います。

「占い」でもありますよね。

「あなた○○なところがありますよね?」
→「ああ、はい、ありますあります。なんでわかるんですか!?」

みたいなやつ。

でも、それって誰にでもある程度は
当てはまる話をしているだけだったりしますし、
そこからだんだん絞っていっても、
もう否定できなくて、

「(あんまりそうは思わないけど)ああ、なるほど、言われてみるとそうかもしれないです!」

みたいな状態になってしまう。

これが落とし穴の2つめ
「占い」にハマってしまう。です。

この「魔法」と「占い」という落とし穴にハマり、
ハマりかけた僕としては、

僕のような人をこれ以上増やさない
ということを常に心に決めています。

それは僕の外来スタイルにも表れていて、
僕が提案する手術などの治療は「魔法」ではないし、
診断も「占い」のように
断定的に完全に特定することもしません。

「ここが痛みの原因と考えていて、○○という治療が一番可能性が高いと思います。」
という話し方になります。

よく
「先生に確実に良くなるって言ってもらえれば安心するんですが」
と言われますが、それでも、

「ごめんなさい、100%はないんです。」
と話します。

それはこの訴訟社会を
生き残らなくてはいけないという、
ありがちな理由以上に、

 

「魔法」と「占い」に
自分の患者さんをハマらせないため
という意識があるからなんですね。

しかし、これだけでは、まったくもって足りない。

相も変わらず
「魔法」を求め続ける患者さんはおられますし、
自分の診断を完全に特定してくれる
「占い師」を探し回る患者さんもおられます。

このthe Homeostasisを受講していただくと、
まず最低限、この二つの落とし穴にはハマらなくなるでしょう。

落とし穴がない道を歩むことができる
というのが正確な言い方かもしれません。

誰もが「変わりたいのに変われない」・・・

ウエイトコントロールが全然できなかった僕自身や、
ケガしやすい身体を変えることができないアスリート、

 

他にも、

 

  • ぐーたらで平凡な毎日から抜け出したいのに抜け出せない
  • ゲームをやって一日が終わってしまう
  • 時間を作って自己研鑽をしようと決意しても、疲労で何も手に着かない
  • 「○○」がうまくなるために練習を積み上げようにも、サボり癖が顔を出す
  •  目指すのは「プロ」なのに、それに見合った日々を送れていない

 

などなど、マインドコーチとして
様々な悩みを聞いてきました。

 

 

そして、自分自身も経験し、
整形外科医としても見てきた

● 治療がうまくいかなくて苦しむ患者さん

● 治療の落とし穴にハマりつつある患者さん

共通するのは

変わりたいのに変われない

です。

治療というのは一般的には
病気やケガというマイナスの状態から、
健康な状態というゼロの状態に「変えよう」
とする行為で、

ダイエットやケガをしにくい身体になる、
パフォーマンスアップ、自己研鑽というのは、
マイナスの状態からプラスの状態にまで「変えよう」
とする行為で、

もっと言えば、

現状という「ゼロ」の状態から、

夢を叶える、
ゴールを達成する、
目標を達成する、
という大きな「プラス」に「変えよう」
とする自己実現という行為も含め、

変わりたいように変わる

ということは、すべての人の共通した願いで、

かつ、

すべての人が共通して持つ課題・難題
だったりします。

すべてのカギを握るホメオスタシス

このすべての人が持つ願い、

変わりたいように変わる

これが同時に難題でもある理由、
つまり、変わりたいのに変われない理由。

これはたった1つです。

そう、

Homeostasis【ホメオスタシス】

です。

 

 

ホメオスタシスは別名
「恒常性維持機能」と言われ、

恒常性 = 「常に変わらず一定であること」
それを維持する機能ですから、

そりゃ、「変われない」わけです。

このホメオスタシスの存在が、
変わりたいのに変われない理由です。

そして、このホメオスタシスは
100人いれば100人、例外なく持ち合わせた
人間の根源的機能です。

個人差の入り込む余地はありません。

そう考えると、本来、義務教育の中で
最優先で必修科目に据えるべき内容です。

でも、ホメオスタシスなんて
聞いたことない!って人がほとんどですし、

この講座でお伝えするレベルで
ホメオスタシスと付き合い、
ホメオスタシスを操れている人は
0.1%もいません。

ですから、

変わりたいのに変われない

と今まで、もしあなた自身が感じてきたとしたら、
それは致し方ないと言えます。

 

僕がお届けしているメールマガジンでは

ホメオスタシス=心身のすべてに働くゴム

という説明をしていて、お馴染みかもしれませんが、

 

この「the Homeostasis」では、
さらにその先のホメオスタシスの世界をお届けします。

ホメオスタシスを知り尽くした男

「変わりたいように変わる」

これを誰よりも願って、

その結果、

「変わりたいのに変われない」

に誰よりも悩んできたのが僕です。

そんな僕の中で、

「変わりたいのに変われない」という悩みが
いつの間にか消えて、

「変わりたいように変われる」ようになったのは、

ホメオスタシスとの付き合い方
ホメオスタシスの操り方(あやつりかた)

マスターしたからです。

そのきっかけは
コーチングとの出会いでした。

コーチングというのは
マインド(脳と心)の使い方をゴール達成に向けて
上達させていくことになりますが、

そのマインドの使い方のなかでも中心となるのが
ホメオスタシスを味方にするという方法論でした。

このマインドの使い方を徹底敵に学び、
そして、パーソナルコーチングという
プロコーチと直接対面でセッションする場も活用し、
僕のマインドの使い方は飛躍的に上達しました。

さらに、ホメオスタシスが、

どう自分が変わらないように抵抗し
逆に、
どう自分が変わるように背中を押してくれるか?

という身体の奇跡について教えてくれたのは、
医師としての知識と経験でした。

これが

 

マインドのコーチであり、
整形外科医の自分でないとお伝えできない

とてつもない講座だと言い切る理由です。

ホメオスタシスの威力を実感する日々

このホメオスタシスとの付き合い方、
操り方が上達した結果、
変化したのは僕自身だけではありません。

一番の変化はコーチングクライアントさんです。
クライアントさんには僕自身が直接対面で
コーチングセッションという形で、
マインドの使い方を指導する場がありますが、

そのクライアントさんの
激変っぷりがスゴいわけです。

特に僕のコーチングのクライアントさんは、
最初はケガや痛みに悩んでいる患者さんの状態から、
ゴールに向けて

大きな飛躍を成し遂げようとする人が多く

その最初の状態から、
コーチングセッションを数回終えた後の状態までの
大きな変化には驚かされます。

また、僕の治療を受けてくださる患者さんの中でも
治療がうまくいかない人が減ってきました。

イチ整形外科医としてのスキルも
向上しているのは間違いないと思いますが、

同時に、どんなにいい治療、どんなにいい手術をしても、
治療がうまくいってないと感じる患者さんが
おられることに悩んでいた僕としては、

その解決策はやはりホメオスタシスだな
日々感じているところです。

コーチングセッションのようにマインドの使い方の
指導ができるわけではありませんが、

しかし、主治医である自分が、
何を、どういう言い方で患者さんに伝え、
どういう表情でコミュニケーションを取っていくか。

これが患者さんのマインドに
及ぼす影響はとても大きいので、

患者さんのホメオスタシスがうまく働いてくれる
ということを狙った
コミュニケーションスタイルを取ることで、
治療がうまくいかない人が減ってきたというわけです。

しかし・・・全然、足りない。

しかし・・・

僕の不足感は強まる一方です。
全然足りない。

ホメオスタシスを知り尽くせば、
人は変われるのに・・・

でも、そうでない人が多すぎる・・・

パーソナルコーチングは僕が直接対面で行うため、
人数が限られます。
それゆえ、サービス自体高額で、
なかなか受けられない人も多い。

また、通常の病院での診察は
保険診療ですから負担額は多くはない、
つまり、ある程度、誰でも受けられるわけですが、

それゆえ、患者さんは殺到しています。

その中で診療時間はどうしたって短くなっています。

3時間待って3分で診察が終わってしまった・・・

なんてこともなくはないわけです。

だからこそ、多くの人に届けたい

僕1人の身体でお伝えできる範囲はとてもとても狭い

だからこそ、
このオンライン講座をものすごい時間と労力をかけて
そして、想いを込めて準備してきました。

このオンライン講座で学び、
実践していただくことで

治療が必要な人は、

むしろできるだけ早く治療から卒業できるかもしれません

 

治療が必要ない人は、

分野、方向性関係なく、望むようにあなた自身を変える方法がわかります

 

これを通じて、

ホメオスタシスを味方につけて、操ることをマスター
していただきます。

そうなると、今後の人生においても、

治療が必要になったときに
改善しやすい人でいられるし、

変わりたいように変わりながら、
自由に人生を切り開いていける

そういう一生もんのスキル・考え方
身につけていただくための
1ヶ月オンライン講座となっています。

他に類をみない講座

世の中には身体の治療について
方法論を説明した書籍はあります。

「○○症を治す」「○○の痛みを改善する!」
みたいなやつですね。

 

そして、同時に
メンタルを向上するような目的の教材や本もあります。

 

しかし、それらをマインドに精通した医師が統合し、
「心と脳」「身体」
まるごと学んで、活用する
実践的な講座というのは他にはまったくありません。

ホメオスタシスってなんか難しそう

「ホメオスタシスって難しそう・・・」

「自分にマスターできるかなぁ?」
「そもそも大変じゃない?めんどくさい・・・」

と思われるかもしれません。

 

そんなことするくらいなら、
やっぱり「魔法」をかけてほしい。。。

と言う人は、ここまでお読みいただいた人の中には
おられないかと思いますが、

 

でも、ホメオスタシスを操るって聞くと、
そんなことできるの?相当大変なんじゃない?
と思うかもしれません。

それに対するお答えとしては、

言うほど大変じゃないですよということです。

 

しっかり講座を受講いただき、
動画セミナーやメールセミナーで

学んでいただいたことを実践していただくだけで

ハイレベルな治療習慣・変革習慣を
作り上げることができます。

 

特殊な機器も必要ないですし、

日本に少数しかないスゴい施設での
治療なんかも必要ありません。

 

ましてや寝る間も惜しんで
難しい本を読み込む必要もないですし、

前提となる専門知識なども必要ありません。

(ただ、中学生以下となると、少し理解や実践に限界があるかもしれないので、ご両親の協力が必要だと思います。)

 

ホメオスタシスという一見、取っ付きにくい
「人間の機能」なんていうものが
メインテーマですが、

 

そのメインテーマをキャラクター化しながら、
講座は進んでいきますので、
非常に理解しやすくなっています。

 

 

そのキャラクターが彼です。

その名も・・・

 

「ホメさん」

 

 

彼(ホメさん)をどう味方につけて、
どう操っていくか?

 

その視点でこの講座は進んでいきますので、
そんな難しい話じゃないというのも

なんとなくわかっていただけるのではないでしょうか。

人生のすべての局面に適応できるのに、 実践的で「フワッ」としない「変革法」

この講座は治療や身体について学ぶ講座
であるとともに、

人間が変革するために必要な
「マインド(脳と心)」の使い方を
学ぶ講座
でもあります。

ですから、

 

  • 年収○○千万!みたいな経済的に成功したい
  • ダイエットをリバウンドなく成功したい
  • ケガしにくい、強いアスリートになりたい
  • プロスポーツ選手になりたい
  • ○○ができるようになりたい・上達したい
  • さっさと治療から卒業したい

 

というような人生のあらゆる局面の
「変わりたい」のための講座
です。

となると、なんとなーく「フワッと」した

本当に変われるのか変われないのか、
気のせいなんじゃないか?
みたいな内容になりがちです。

僕はそういうのが大嫌いなんです。

 

「あなたの潜在意識が・・・」
とか

「神の御心が・・・」
とか

そういうスピリチュアルだったり
宗教的な情報発信には
どうしても苦手意識があって・・・
(必ずしもそういった方々を批判しているわけではありません。苦手なだけです。)

 

そんな、僕がお届けするので、

可能な限り、「フワッと」感を排除して、
具体例をガンガンに織り交ぜた
講座構成になっていますし、

さらに講座とセットで「ワーク」
という実践的な内容が盛り込まれていますので、

その「ワーク」を実践することで自然と
「変革」&「治療から卒業」

することが期待できるようになっています。

the Homeostasis 講座カリキュラム

このthe Homeostasisという講座は1週間ごとに動画セミナーをお送りします。計4回、つまり、4週間の間で学び切っていただく、実践いただく講座です。

4回のセミナーにはメインテーマが設定されております。それぞれを段階的に学んでいただくことで、最後にはホメオスタシスの扱い方をマスターし、治療中の人は治療から卒業するための習慣を構築していただき、変革を目指す人は変革のためのマインドの使い方と変革習慣を構築していただきます。

 

全4回の動画は合計4時間34分に及びます。
それも繰り返しご覧いただきたいので、
ギュッと内容を凝縮した上での濃密な4時間です。

 

各動画で使用しているスライドはPDFファイルとしてダウンロード可能になりますので、ノートとしてお使いいただくこともできます。

 

※1ヶ月間で順次、動画講座とメール講座をお届けしますが、1ヶ月経過後も会員サイトは閲覧可能ですので、自分のペースで学習、実践いただくことができます。そのため、人生のステージが変わるたびに学び直すことが出来きますし、もし今、お忙しくても問題ありません。

 

会員サイトの一例(実際の会員サイトとは一部異なります)

セミナー1:
キャッチフレーズで捉える身体とその変化
(動画セミナー:1時間7分)

まず最初の動画セミナーは「キャッチコピー法で理解する身体とその変化」いうテーマでお届けします。

これは「自分の身体はこんなにも奇跡的なシステムで成り立っているのか!?」と腹落ちしてしまうための基礎知識です。基礎知識というのは得てして退屈なものですが、それを「キャッチコピー法」という説明方式を使うことで、すんなり理解できて、イメージできてしまうのが不思議です。

この段階で身体の部分部分のイメージが鮮明になり、正しい理解ができるので、自らの身体に変革を起こそうとするときも、その変化のイメージがしやすくなり、また、治療において自らの怪我や痛みが点と点がつながるように理解が深まります。その時点で「変わりたいように変わる」もしくは「治療を卒業する」ということにおいてプラスの効果を実感できるかもしれません。

こちらのセミナーではほんの一部ですが、以下のようなことが学べます。

筋肉と靭帯と腱 明確な違いを一瞬で理解する
複雑怪奇な関節もキャッチコピーをベースにすれば簡単
治療から卒業できてない状態が続くと治りにくくなる理由とは?
治療から卒業できないことの人生レベルでの無視できないデメリット
医師や療法士が発する言葉を腹落ちレベルで理解するための前提知識
「この医者が言ってることは、わかるような、わからないような・・・」という「ふわっと」理解をなくすには?
キャッチフレーズ法で理解する臓器の一例「筋肉、腱、関節、骨、靭帯、脳、心臓・・・」当たり前のようで誰もがフワッとしているこれらを一気にイメージさせるキャッチフレーズ
インナーマッスルとアウターマッスルの明確な役割の違い
複雑に見えて、それぞれがシンプルに連動して協力し合っている関節というシステム
各組織(筋肉や靭帯、骨)が「マイナス」「ゼロ」「プラス」の状態を鮮明にイメージする

セミナー2:
奇跡の脳と身体システムとホメオスタシス
(動画セミナー:1時間12分)

いよいよ第二回目の動画セミナーでは「自分の身体はこんなにも奇跡的なシステムで成り立っているのか!?」、その奇跡にどれだけホメオスタシスが絡んでいるかを腹落ち理解していただきます。

この奇跡の身体システムを理解することは身体の変革習慣、治療習慣を作り上げる土台となりますし、これを知るだけでも自分は変われる!、自分は治るんだ!という確信めいたものを感じることができるでしょう。 

特にここから講座のタイトルでもあるホメオスタシスが登場してきます。それも「ホメさん」というキャラクターとして登場してくれますので、とてもイメージしやすいお話になっています。

こちらのセミナーではほんの一部ですが、以下のようなことが語られます。

学校の成績とは関係ない「真の学ぶスキル」とは?
同じストレッチを指導されても、劇的な効果を上げる人と、間違った方向に向かってしまう人の大きな違い
サッカーの司令塔と勉強に必要な能力は同じ?
あなたの奇跡の身体システムを影であやつる裏社会のドン:ホメオスタシスの真髄
「思考は現実化する」がこと自分の身体においては当然の理屈だと感じる脳の本当の仕組み
今この瞬間も、あなたの中で奇跡の身体システムが常に24時間稼働しているということをイメージするための「身体システム稼働パターン」の具体例を解説
キャッチフレーズを統合することで見えてくる身体の奇跡のシステム
ホメオスタシスを理解する切り札「ホメさん」の性格とは?
単純に見えて、おそろしく複雑かつ高度な連動がなされる運動というシステム
ケガを治そうとする身体の奇跡的な働きとは?
「ホメさん」は何が何でも○○を実現しようとする最強の相棒!
ほとんどの人が「ホメさん」を変われない元凶、最強の敵にしてしまっている理由とは?
筋トレして筋肉が肥大するために身体で起こっている奇跡とは?

セミナー3:
変革&治癒とホメオスタシスとの付き合い方
(動画セミナー:58分)

第3回のセミナーは変革の方法、治療の方法について突っ込んだ解説に入ります。誰もが聞きたいテーマについて、すべて「ホメさん」(ホメオスタシス)視点で捉えていただける画期的な内容です。

また、最後のセミナーで解説する自らの変革習慣、治療習慣を組み立てていただくための必須な内容で、この第3回セミナーを聞いたあとには早く習慣を構築したい!習慣化したい!変わりたい!治したい!という衝動に駆られることでしょう。

こちらのセミナーではほんの一部ですが、以下のようなことが語られます。

ホメオスタシスを絡めた、すべての治療に意味を持たせる方法
治療(マイナスからゼロ)に向けた「ホメさん」との付き合い方
炎症をホメオスタシスの視点で捉えた、炎症との付き合い方の極意とは?
変革(ゼロからプラス)に向けた「ホメさん」との付き合い方
治療中に起こる身体の反応の意味が丸わかりする「ホメさん」の性格とは?
ダイエットだろうが、筋トレだろうが、パフォーマンスアップだろうが、なんでも成功に導く、すべてに共通した「ホメさん」の操り方とは?
治療にも変革にも必須になる「ホメさん」を安心させる方法とは?
治療・変革で道に迷わないための「仮説と検証メソッド」とは?
多くの人が勘違いしている、変革における「抵抗感」「違和感」の正体とは?

セミナー4:
ホメオスタシスを味方にして操る4ステップ
(動画セミナー:1時間17分)

あなたは変わりたいのか、治したいのか、その両方なのか。いずれにしても、そのための変革習慣・治療週間を構築して、変わる、治すための最後のセミナーです。

ここまでの3回のセミナーで学び、そして、少しずつ実践していることを一気に統合して、周りも自分も驚くべき成果を上げるときです。

こちらのセミナーではほんの一部ですが、以下のようなことが語られます。

特に

99%以上の人が知らなかった「どんな困難も楽しんで乗り越える思考法」

については、ぜひマスターしていただきたい最強の思考法です。

the Homeostasis的「医師との付き合い方」
ドクターショッピングにならない医師の替え方
リハビリの療法士からもらうべきアドバイス、助言とは?
実践!治療からの卒業に向けた自動運転式治療法
治療活動を○○化することで、治療を自動運転化させる方法
依存マインドの真逆、○○思考と○○補正があなたの人生を加速させる
「裏のドン:ホメオスタシス」を味方につける方法
ゴール設定の一番大事なコツは○○を考えないこと
漫画:ONE PIECEのルフィに学ぶ成長期の作り方
「症状がきれいさっぱり消えて、完璧に元通りの状態」をゴールにしてはいけない理由
一番大切なホメオスタシス(ホメさん)を味方にする方法とは?
ゴールに向けたステップアップを進める習慣化の方法
99%以上の人が知らなかった「どんな困難も楽しんで乗り越える思考法」とは?

受講者「限定」特典

「the Homeostasis」を受講していただき、高いレベルで効果的に短期間に変革、治療してもらえるように特典を用意しております。

4週間集中 メール特別講座

本編の動画セミナー以外に2日に1回くらいの頻度でメールをお届けします。これはメールによる特別講座です。動画セミナーではお伝えしきれなかったポイントや、ケーススタディとして具体的な変革習慣、治療週間の構築例をお伝えしていきます。これを読むことで動画セミナーでの実践が加速すること間違いなしです。

「ホメさんシート」変革編
実践例もついた埋めるだけシート
3日で自らの変革を体感!

学んだだけで終わらせません!変革のためには実践!実践!です。そのために「ホメさんシート」(変革編)という印刷して使っていただくPDFファイルをお渡しします。変革習慣を具体的にあなた独自のものとして構築するための書き込み型シートです。

「ホメさんシート」治療編
埋めるだけで治療を構築!

「ホメさんシート」はもちろん、治療編も用意しております。自分で治療習慣なんて作れるのか!?なんて不安を吹き飛ばす、実践型治療習慣構築シートを使って、あなた独自の習慣を構築してください。

治療法バイブル
(動画セミナー:1時間6分)

整形外科領域の治療だけでも治療法はとてもたくさんあります。その治療法をどのように選び、どのように組み合わせていくか。それをホメオスタシスという根本的な働きをもとに自ら治療習慣として構築できるようにするのが本講座になりますが、一つ一つの治療方法についての解説まではできておりません。その一つ一つの治療法、それぞれの特徴を押さえて、治療法を組み合わせていくための補完コンテンツがこの治療法バイブルで、こちらも特典動画講義としてお届けします。治療中の方はぜひ参考にしてください。

単なる痛み止めからステップアップした鎮痛剤の使い方
「魔法の薬」とも「副作用のデパート」ともいわれるステロイドとの付き合い方
貼り薬と塗り薬:効果がある使い方と、無意味な使い方
大きく意味が違う二つのリハビリ:物理療法と運動療法を使い分ける
整体やマッサージなどのリスクと効果の見極め方
運動療法リハビリの中でも万人がやった方がいいテッパントレーニング
可動域訓練やストレッチで感じる痛みの対処法と必ず意識してほしい唯一のポイント
手術半分、リハビリ半分という意識よりもさらに先のレベルの意識とは?
「○○すれば治りますか?」と質問したくなる人は危険!
治療を組み合わせるときに外せないポイントとは?

トライアルコーチングを特別価格でご提供

通常、月に1回のパーソナルコーチングを半年間6回で行っています。
これは僕が直接対面でマインドの使い方をご指導できる、

最高クラスのサービスです。

 

それゆえ、半年60万円(これでもまだ限定価格ですが)という価格設定をしております。

 

そのパーソナルコーチングセッションを

体験いただける権利(トライアルコーチング受講権)を

特別価格で受講者限定にご提供します。

(一般にも、メールマガジン読者さんにも、このトライアルコーチングはご提供していません)

価格

この講座の受講費ですが、
当初は20万円での販売を考えていました。

 

え!?と思われるかもしれませんが、

一生モノのスキル、
人生が変わるレベルの1ヶ月を
本気でお届けしたいと思っていますので、

その価値が余裕であると思っています。

 

国民皆保険の日本では
その恩恵がわかりにくいのですが、
たとえば、
肩の腱板断裂の手術とリハビリを受けると、

その費用全体としては100万円を超えます。

もちろん自己負担は3割程度になるわけですが、
実際はそれだけの価値のある
手術からリハビリの一連の治療だということになります。

しかし、その腱板断裂の手術とリハビリは
断裂してしまった腱板というマイナスから
断裂してない状態というゼロを目指す治療です。

しかし、このthe Homeostasisは

治療が必要な人には
そのための知識、方法論も学びつつ、

治療が必要ない人には
変革のための知識、方法論を学びつつ、

 

人生をマイナスからゼロではなく、
プラスへ持っていく、

そういう意味でも治療以上、
一生モノの価値があります。

ただし、同時にこの講座を受けることで

身体にメスを入れることもなければ、
薬を提供するわけでもないです。
ですから、少なめに見積もっての20万円
を考えていました。

医療費が3割負担というのは社会保障の中で

国民全体でお互いの健康をカバーしていこう
ということです。

そういう意味では、
誰にでも備わったホメオスタシスの扱い方を
理論から実践までがっつり学び、
正しい治療を選び取っていける力をつける
変わりたいように変われる力をつける
という、この講座の費用・・・

これも国民全体で3割負担に軽減するくらいの
社会になったら素晴らしいと思っています。

そんな願いも込めて、

20 x 0.3で6万円とすることを考えました。

期間限定特価のご案内

治療に苦労していた学生時代の
僕自身に対してアドバイスできるとして、

この企画が6万円なら、
「他の何を差し置いても」迷わず受講しろと言いたいです。

 

しかし、当時の僕は毎日の食費にも困窮して、

いかにワンコイン以内で食事を済ませるかを考え、

読みたい漫画も買わずにレンタルをして・・・

 

それでも足りない生活費をアルバイトで稼いで・・・

 

という学生でしたから、

果たして6万円を捻出できたか・・・?
という疑念が残ります。

そして、そういう状況にいながらも
「変わりたい!」と願っている人、

「治療」に困っているという、当時の自分のような人も

少なからずいらっしゃるということを知りました。

 

ホメオスタシス
それは人間の根幹的な、下手したら最も大切
と言ってもいい働きにもかかわらず、
それを操ることができる、
味方にすることができると知っている人は未だにほとんどいません。

ということは、

このthe Homeostasisを受講したあなたは思いっきり少数派として突き抜けることができるわけです。

また、逆に言えば、そういう突き抜ける人が
今後は続出していくことが考えられるので、

ホメオスタシスを操る、
味方にするというのが常識になる日が近づいています。

 

だからこその「今」です。
先んじて抜きんでることでそのままトップを独走してください。

 

そこで、6万円ではなく、

期間限定で、39,800円と設定しました。

この値段で、
もし学生時代の僕が迷っているようだったら、
「今月の飲み会、全キャンセルして、必死に捻出しろ!」
って言います。
僕から僕への叱咤なので、
パワハラにはなりません 笑

でも、実際、当時の僕のように
経済的に苦しいと言っても、
実はこの価格なら大丈夫という人が多いと考えて、
ここまでの価格設定にしました。

何が言いたいかっていうと、

こんなに安いんだから参加してくれ!!
っていうことじゃなくて、

そもそもの20万円の価値があると思って、
受講してほしい
ということなんです。

逆に20万円の価値がないと思えば、
受講しない方がいいかもしれません。

そうでないと、

「人生を変えるだけのインパクトがあるこの企画を受け止めきれないかもしれない」

と思うんです。

 

ですから、
20万円という大金を注ぎ込んで参加して、
本気で学び、実践してやるんだ!

という「気持ち」で参加してほしいと思います。

 

さらにクレジットカード決済は10回までの分割払いが可能ですので、
1ヶ月約4000円で受講できると考えると、
飲み会を全てキャンセルする必要なんてないですね。

 

ということで、改めて、

限定価格
39800円

です。

全額返金保証

提供する価値からすると、
正直、破格の39800円です。

それでも決して安くないですよね。

そして、僕自身がこの講座を設計して、
あなたが「変わりたいように変わる」ための
情報とワークをお届けしていますから、

その圧倒的な情熱、自信を背景に
39800円の安さを力説したくて仕方ないわけですが、

そんなこと言われても、

「変わりたいを実現する」って
そんな大それたこと、

自分に出来るのか?
金の無駄にならないか?

という不安があるかもしれません。

 

わかります。わかります。
僕だって、コーチングを学ぶ前は、
一歩一歩、ツラい努力を積み重ねて、
それでも才能がある人には敵わない・・・

と思っていましたから。

でも、だからこそ、
それが出来たことをイメージしてみてください。

なんでもいいんです。
あなたが思う「変わりたい」は何ですか?
それを実現したとしたら、
ワクワクしませんか?

 

そして、それはめちゃくちゃ努力してくださいって
言ってるんじゃないんです。

それどころか、
むしろ「努力禁止」とすら言っているわけです。

ホメオスタシスはあなたの「当たり前」を実現するために、どんな意志が強い人でも抵抗できないくらいに強烈な力を発揮してくれますから、

それに任せればいいんです。

 

そして、その背中を押すためにも
全額返金保証をつけました。

その結果、不安を抱いているあなたのリスクはゼロ
ということになります。

もし・・・

1ヶ月間講座をしっかりと学び、ワークしていただき、
構築した変革習慣、治療習慣を3ヶ月継続しても、
「何も変わらなかった・・・」

なんてことが万が一あれば、
遠慮なくご連絡ください。

全額返金します。

これは「変わる人もいれば、変わらない人もいるだろうから・・・」
と思って準備するわけではありません。

ホメオスタシスの仕組みを考えれば、
「変わらないわけがない」
という信念を強く持っています。

だからこそ、
あなたの背中を押す、
安心材料を増やすということに繋がれば

と思って、この全額返金保証を準備しました。

※万が一、「the Homeostasisの教材および講師による指示(実践ワーク)」を6ヶ月以上実践して、ご自身に何の変化も感じられない場合、商品代金を全額返金いたします。
返金にあたりましては、氏名と住所が判別できる身分証明書(運転免許等の公的証明書)および、学習と実際の実践を証明する、 実践した内容の報告と、データ( ノート、及び問い合わせ内容)の提出をお願いします。
【返金手順】1.会員サイトのお問い合わせより返金希望の旨をメッセージでお送りください。
2.実践履歴 をご用意ください
3.サポート事務局にてメールを確認して、講座内容を実践していた場合、3営業日以内に指定口座に全額返金させていただきます。返金を希望する場合は、会員サイト登録日から200日以内にご申請ください。

万全のサポート体制

会員サイトには「お問い合わせフォーム」を準備しております。

 

一般に診察や検査が必要なご相談以外
the Homeostasis実践に際してのお問い合わせは

 

24時間受付し、可能な限り5日以内に御返信します。

(会員サイト登録後180日の間、回数無制限)

 

僕も完璧な人間ではありませんし、
講座が取り扱う内容も脳科学、医学的なものです。

いかに極限までわかりやすさを重視したと言っても、
質問が出てこないなんてことは思っていません。

ですから、講座にわかりにくいところがあれば
遠慮なく質問してほしいですと思っています。

その質問でより講座がわかりやすく進化しますし、
その質問は個人情報を明かさないように
細心の注意をしてQ&Aでシェアすることも予定しています。

そんな感じで講座もあなたも、
そして周りの仲間(受講者)もみんなで進化していきたいと思います。

 

ある意味、手前味噌ながら、
現役医師、現役プロコーチに直接質問できるというだけでも
莫大な価値があることは間違いないでしょう。

 

実際、受講者の方々は
会員サイトや動画講座という形式を
活用したことがない人がほとんどです。

それも、ご高齢の方も
はじめてのことにトライして
実践していただいています。

素晴らしいですよね。

可能な限りわかりやすい
説明と案内を心がけていますが、
それでも

会員サイトにログインができないとか、
特典のダウンロードが出来ないという、

初歩的なご質問に対しても、
もちろんしっかりお答えして解決していただいています。

 

※当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。

プロフィール

歌島 大輔 スポーツコーチングドクター
整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト
苫米地式認定コーチ


1981年生まれ、広島県出身。


スポーツ選手を専門的に治療するスポーツ整形外科医でありがなら、スポーツトレーナーの専門資格を持ち、さらに脳科学に基づくメンタルコーチングまで、全方向におよぶスポーツパフォーマンスサポートを行うスポーツコーチングドクター。


プロ野球選手を目指し、日々、研究・実践を繰り返す野球少年だった私が、
実力不足、怪我などでその夢を断念した、大学2年の冬。

「スポーツ医学を究める。そして、ケガをせずに、どんどんうまくなる方法を確立して、スポーツ選手のサポートを追求していこう」と決断。


そして、大学病院の著名な先生方の指導を受け、研鑽を積み、今現在はスポーツ整形外科医として関東の複数の病院、クリニックにおいて診察、手術を行っている。

さらにライフワークとして試合に勝ちたい!うまくなりたい!と望んでいるスポーツ選手やまたスポーツ指導者を対象にスポーツメディカルコーチングを指導、情報提供をしている。

肩関節鏡手術 年間200件以上

日本全国、海外からも手術を受けに多くの患者さんが来られます。

新聞・テレビ取材実績

読売新聞 「教えて!ヨミドック」

フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」

よくある質問

対象年齢はありますか?

小学生の方には少し難しいかもしれませんが、中学生であれば実践できる部分は多々あるはずです。ちなみにご年齢の上の制限はありません。何歳からでも始めていただきたい講座です。

ちょっと難しそうだなと思っちゃったんですが大丈夫ですか?

ご安心ください。メインテーマのホメオスタシスはホメさんという愛くるしいキャラに姿を変えて出現します。そして、わかりやすい性格をしたホメさんを通じて、身体やホメオスタシスの奇跡があなたに知識として、知恵として入っていくはずです。

治療は全然してないんですが大丈夫ですか?

もちろんです。この講座のメインテーマは「あなたの『変わりたい』を実現する」です。ただ、治療における身体の変化や脳の動きは、「変革」においても役に立つので、治療について解説しているパートもぜひご覧いただきたいです。

子供のために親が学ぶことに意味はありますか?

大いにあると思います。まさに成長期にあるお子様の、さらなる本当の意味での成長に、この講座は思いっきり役立つはずです。

子供がやる気になるか自信がありません

無理やり、お子様にやらせるのはあまり良いことではないと思います。むしろ、親であるあなた自信が変革して、その変革の背中を見せることが、お子様に良い刺激を与え、もしかしたら、アドバイスを求めてくるかもしれませんり

1ヶ月で学べるのはありがたいのですが、学びきれるか心配です

ご安心ください。1ヶ月で学びきる必要はまったくありません。それどころか、何度も繰り返し学び、1年後も10年後も活用していただけるような会員サイトとして、受講生には常にオープンしている会員サイトにする予定です。

返金保証について教えてください

今のところ、そういったケースはありませんが、この講座を学び、しっかり実践したにも関わらず、何も変わらない…ということが万が一あったときには、講座のお問い合わせよりご連絡いただけます。最後に実践内容などをアンケートフォームに記載いただければ、全額返金いたします。

必ず変われますか?

ものごとに100%はありませんので、僕自身、特に診察の中では患者さんに対して100%とか絶対とか必ずという表現はしません。しかし、あなたが変わりたいと思うのであれば、変わることはできる。それも簡単に。それを学ぶ講座です。

かなり高額なのですが、後悔しないでしょうか?

後悔…その多くは「行動した結果」ではなく、「行動しなかった結果」に対しての後悔です。

長く続く痛みを感じたとき、あこがれの人との差を痛感したとき、「あれ?去年から何も成長してなくない?」と気付いてしまったとき、成長できない自分に苛立ちそれゆえ人間関係にヒビが入ってしまったとき・・・
その時の後悔を想像してみてください。僕だったら、自分に対する怒りすら湧いてきます。

 

そんな後悔をしないために受講を決めていただいたとしたら、その最初の一歩はとてつもない大きな一歩です。
どんなことでも最初の一歩が最もエネルギーがかかるというのは有名な話です。

それも、この講座を受講していただいた1ヶ月間は長い人生の中の単なる1ヶ月ではありません。今あなたがどんな状況にあろうと「変わりたい」という想いがある限り、「この1ヶ月はとてつもない1ヶ月で、受講を決めた瞬間はとても大きな一歩だった」と振り返るときが来ると信じています。

追伸

僕の活動の一番のメインテーマは

誰もが人生最大の成長期を作り上げられる世界

です。

 

もしあなたが20歳以上の成人の方であれば、
少し思い出してみてください。

思い出してほしいのは10代の成長期の「時間の濃さ」です。

 

10代の「いわゆる成長期」は
1年がとても長くなかったですか?

少なくとも20代以降、30代以降と
比べれば段違いなはずです。

そうなんです。
そうやって「成長期でない時間」は
すごいスピードで過ぎ去っていきます。

そうなんです。そうやって人は
年齢を重ねれば重ねるほど、
「時間の大切さ」をいつのまにか
忘れていってしまうんです。

人生の時間は有限で、
それが刻々と減っていっているにも関わらずです!

これは僕自身に対する戒めでもあります。

 

だからこそ、
あの「いわゆる成長期」の時間の濃さを
越える濃い濃い時間を、

このthe Homeostasisを受講した人には過ごしてほしい。
過ごせるはずだと思っています。

「変わりたい」を実現し続ける時間は
濃くないわけではないですよね。

努力禁止とは言いましたが、
受講されるあなたには覚悟と熱意は必要です。
それは「変わってしまう」ことに対する覚悟
その先の「変わり続ける」自分への熱意です。

ただ、それがない人は
ここまで読み進めていないと思いますから、
特に心配はしていません。

 

僕自身、この講座に人生を賭けています。

 

こう見えて、日本全国から患者さんが集まってくれる
整形外科医として勤務していますから、
ありがたいことに経済的には十分、安定しています。

 

でも、しかし、
僕の心(使命感、やりがい、人生のミッション)は
それではまったく満足せず、

 

もっと、もっと伝えていくべきことがあると思っています。
もっと、もっと、多くの人に、日本中の人に!

そういう熱さでお届けしている講座です。

ですから、ぜひ、僕についてきてください。

あなたが「変わり続ける」覚悟と熱意を持って、
飛び込んできてくれるならば、
それに120%のチカラでお応えします!

 

 

千差万別の「変わりたいのに変われない」
という悩み、

もしくは、「どうして治らない!!」
という悩みを持った人が

それぞれの学びを深め、ステージを上げて、

「変わりたいように変わっていく」

「治療から卒業」して次の変革への
ゴールに進んでいく。

そんな人をこの講座では生み出したいと思います。

 

「変わりたいように変わっていく」当たり前になる。

それが当たり前になった受講生たちは

自らと周りの人の「成長」
心から信じることができます。

 

そのため、行動が自然と積み上がり、
それを自分の周りに留めず、

コミュニティにシェアしていくことで
コミュニティ全体が「成長」していく。

 

そして、医療界やスポーツ界、ビジネス界の
リーダー的存在が続出して、業界を引っ張っていく。

そんな世界を本気で
作り上げていきたいと思っています。

 

 

あなたもその一員になってなって、

成長する快感、変わる快感を味わってみませんか?